読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの星のなかのひとつ

つかぬ間に貴方とアナタ

きらめきの 未来を目指して

 

 

先日、京セラドームで行われました、

 

ジャニーズWEST 1stドームLIVE

 

24(ニシ)から感謝 届けます

 

へ、行ってきました。

 

 

もう、

 

 

楽しかったーーーーーーー!

 

 

最高でした。

 

始まる前からわくわくしてどきどきして吐いちゃいそうでした。

 

白い幕がパッー!とおりると、

 

そこはステージの彼らも客席のひとも

 

全員が待ちに待った景色でした。

 

 

眩しい中で涙を流しながら

 

必死にペンライトを握りしめて

 

まっすぐにステージを見つめて

 

 

「ええじゃないかーーーーーーー!」

 

 

と叫びました。一気に血が巡りました。

 

泣いちゃったけど、みんなで喜びをかみしめて

 

わいわい踊る ええじゃないか も ズンドコパラダイス も

 

ジパングおおきに大作戦 も

 

腕をぶんぶん振った パリピポアンセム も

 

Jr時代の曲もX'masメドレーも関ジュちゃんコーナーも

 

やさしさがぎゅうっとつまった All My Loveも

 

全部楽しくて優しくて愛しくて、全部夢のようでした。

 

25日の2部、最終公演で 流星くんが

 

「みなさん、今日は楽しかったですかーーー?」

 

と聞いて、

 

客席からたくさんの「いえーい!!!!!!!!!」

 

が返ってきたとき、

 

彼はステージで顔をぐしゃっと歪ませて涙しました。

 

その後、晴れやかな顔で

 

「ハッピーですよ、僕の人生は!」

 

と言い、この言葉を聞いたとき、

 

やっぱりこの人が好きだ。という思いと

 

この人をこれまで好きでいてよかった。という思いと

 

分かんない、もう、ぐちゃぐちゃで

 

とにかくもっともっと大好きになった。

 

好きなひとが幸せだと泣くことが

 

こんなに幸せだと知らなかったです。

 

 

いつだか、いまが一番幸せだと言っていたけど、

 

あのときより、もっとたくさんの幸せを手にした流星くん。

 

 

きっとなにも分かっていない私だけど、

 

NEXT STAGE が流れたときに立っていられないほど泣いたのは

 

悲しいからでも嬉しいからでもなくて、

 

やっと(あの時に)会えた! っていう

 

なにか救われたようなあの気持ちに。だなぁ、たぶん。

 

デビューする前から

 

流星くんだけをまっすぐ見て、

 

(大袈裟に言うと)

 

誰よりもはやく好きになっていたらなぁ

 

と、思ってなんとなくそこを引け目に感じた

 

そんな時がちょっとだけありました。

 

 

だけど、京セラドームでその頃を思い出すように

 

楽しそうにあのときのメンバーで歌って踊る姿と

 

涙を流していまを噛み締める姿を見たら

 

いま好きでいられることが嬉しくて

 

悲しい気持ちはどこかへいきました。

 

 

 

「見てるだけじゃ意味ないから」と

 

あの時動いて今の彼の涙があるのかと思うと

 

ありがとうしか言えないです。

 

彼が23年生きているうちの2、3年も満足に知らないけど

 

それでも大好き。

 

昔のスケスケのタンクトップを着たくなくて

泣きべそな彼を

(きっとそこじゃないんだけどな)

 

リアルタイムで知ることはできなかったけど、

 

そんなことよりもいま好き!って思うことができたからいい。

 

いま幸せだ!

 

流星くんの言葉を信じてきて良かった!

 

ジャニーズWEST好きでよかった!

 

いま、わたしはすごく幸せです。

 

 

 

きっと彼らはまだまだ上にいくよ。

 

きらめきの 未来を目指して。

 

 

そんな私の帰り道に響くのは

 

7人が手を重ねて誓った

 

あの日の Rainbow Dream でした。